【自然と人間の共生】

野生鳥獣については、近年、その保護に対する要請が高まっている一方で、農林業被害や自然生態系の悪化を引き起こす等の問題が生じている。
人間の活動と鳥獣の生息域が重複している庄原市においても「自然と人間との共生」を踏まえて人と野生鳥獣との共存を図っていくため、保護管理を進めていくことが求められている。
当施設は、保護管理、野生鳥獣対策対策の一環として、倫理的、経済的、持続的な意味合いにおいての利活用を担う存在である。

【地域資源】

地域資源である農産物、林産物、畜産物の保護、推進のための存在のひとつ。
また、「有害鳥獣」を「食材」に変えることで、新たな地域資源の創出に繋げる。
そして
地域の84%が森林とゆう恵まれた土地柄を活かし、鳥獣保護法に基づいた狩猟による、古来の伝統を踏まえた地域資源の確立と伝承へ一石を投じる存在でもある。
そうしたなかで、いちばん重要な地域資源である「人」のモチベーション、活気、活力の向上に繋げる。

【国産ジビエ認証/安全な食肉の提供・衛生管理の推進】

食肉利活用において重要になるのが、消費者から信頼される食品であること、安全性の向上および透明性を図ること。
そのための衛生管理基準及び流通規格基準、適切なラベル表示、トレーサビリティの確保等に適切に取り組むもの。
また、農林水産省認証制度「国産ジビエ認証第21号」を令和2年度取得。
認証基準の遵守、より安全、安心の確保を図る。

【事業内容】

猪の食肉処理、加工、販売
ペットフードとしての活用 
養殖用飼料としての活用(養殖業者様など)
食肉加工できない猪の受入、処理

いのししの栄養成分

ただいま準備中

オンライン販売

【肉01】

肉01説明

【肉02】

肉02説明

【肉03】

肉03説明

【肉04】

肉04説明

【肉05】

肉05説明

【加藤01】

加藤01説明

ペット用

【ペット肉01】

ペット肉01説明

【ペット02】

ペット肉02説明

庄原ジビエ工房ではイノシシの食肉を、オンラインでも販売いたしております。

ストアーズ販売ページ: https://shobaragibier.stores.jp

スタッフ

谷口栄二  (アドバイザー、広島猟友会庄原支部西城地区)
加藤隆 (庄原市役所林業振興社)
田中智章 (農林振興公社)
三河功治 (農林振興公社)
大田真由 (農林振興公社)
古川麗 (地域おこし協力隊)